静岡工科自動車大学校

MENU
SAT'S PRAIDE

関谷さんからのメッセージ

大きな夢と憧れがある。
だからこそ、磨かれていく技術がある。

イメージ

学ぶ…それはいったいどういう事なのだろう。これから自分が一生をかけて取り組んでいく仕事の上で、自分にしかできないこと、世の中から必要とされる自分、そしてこれを成し遂げたいという想い、それらを形にしていくベース作りが今君たちに始まろうとしている。モータースポーツの世界で生きている私にとって、この学校で学んだ知識と経験が関谷正徳という自分を生み出してくれた。ここでのスタートがなければただの人間で終わっていたと思う。車社会は今、大きく様変わりしようとしている。これからのこの世界を構築していくのは君たちだ。新しい車社会の未来の為に思う存分学び、そして大きく羽ばたいてほしい。皆さんの活躍に心から期待しています。

イメージ

トヨタレーシングスクール校長
チームトムス監督 元レーシングドライバー
関谷 正徳さん

Masanori Sekiya Profile
今、私はレース人生の集大成としてインタープロトシリーズという世界初の新しいレースカテゴリーを立ち上げ開催しています。このレースの特徴は、MADE IN 静岡のレーシングカーを自ら作り出しモータースポーツの概念を変えようとしている事業です。このオリジナルレーシングカーを設計するにあたり静岡工科で学んできた知識とその後に培ってきた経験が大きく影響しています。原点は静岡工科にあります。車の事を知り、正しい車作りの知識を学んでいなければできなかったことです。このレーシングカーは〝kuruma〟と名付けました。車をいじることは楽しい!車という世界を知ることは楽しい!ここで学んだことは皆さんの未来の可能性を大きくします。夢をもってここで学んでほしいと思います。