静岡工科自動車大学校高等教育修学支援対象校

MENU
SAT'S PRAIDE

2019.12.11

カスタムカー製作!13

冬休みまで10日を切り、ギリギリの作業になってきましたが、

ついに車体がブースに入り、手の空いた人たちで分担して隅々まで足づけをしてくれました。

 

そして、あいかわらず佐野君と中根君がブースで作業をしてくれています。

 

他の手が空いている人たちは、塗装し終わった部品についたほこりなどを削りながら取る作業をしています。

完成まであと少し!ですが、フロントが少し遅れ気味になってしまいました。

冬休み前までに陸自に持っていくことができるのでしょうか・・・

2019.12.06

カスタムカー製作!12

12月に入り、ついに塗装がスタートしました!本来の予定よりは遅れていますが・・・。

まだ全体が完成したわけではなく、細かい部品や製作が終わった部品などを塗っています。

主に、佐野くんと中根くんが毎日塗装ブースに篭り、ひたすら塗装をしています。

こちらの中では、埃やごみが塗装した物に付かないようにするため、この二人以外の出入りは極力禁止になっています。

そして、こちらはボンネットですが右下だけ周りと色が違う箇所がありますね。

実はボンネットにヒビが入ってしまい、今まで盛ったパテを全て削り鉄板が丸見えという状態です。これで2回目のヒビ割れになります・・・

どうかもう割れないこと祈るばかりです。

リアゲートはチリがだんだんと合ってきて、内側の溶接部も綺麗に削られていて少し見ない間に完成間近となってきているようです。

バンパーもあと少し!というぐらいなので来週末にはほぼ終わっているかもしれません。

ナンバー取得を考えると時間が残り少ないですが、体調にだけは気をつけてカスタムカー製作取り組んでいきます。

 

2019.11.28

カスタムカー製作!11

12月まであと2日となりましたが、着々と作業が進み、冬休み短縮を逃れることができそう…?なボディデザイン科です。

後ろでは桐山君がパテを盛って成形してくれたおかげで、今日全体サフをふけるようになりました。

なんだか、形が見えてきたような・・・しかし、完成するには、色を塗らないと終わりません!

ちなみに、車体の色はホイールのオレンジに合うガンメタを塗装予定です。

 

そして、ついにエンジンが…付きました!!いろいろと問題が起きながらも先生方に手伝ってもらいなんとか一段落です。

エンジンルームも黒で塗り、メンバーなども組み付けを終わらせました。

期限が迫る中、丁寧かつ早く作業ができるよう頑張っていきます。

2019.11.25

カスタムカー製作!10

12月まで残り5日になりましたが、まだ形になっておらず車両全体にサフ(綺麗に塗装するための下処理)すら入っていないため、居残りする人たちがかなり増えてきました。

後ろのゲートは、前回紹介した長谷川君が深夜まで残り、製作してくれました。

この写真は3日前のものですが、手先が器用で素早い作業をするため、毎日後ろでは大きな変化が見られます。

内装部は、フロントガラスがないためパテ粉などが入ってしまっているかもしれないので一度全部取り外しをすることになったのですが、

二級整備士の資格を持っている彼らなので、すぐに外せました。

フロントは微調整がずっと続いていますが、着実に近づいている!気がします。

細部をみるとまだ甘い部分もあり、後ろより前の方が進んでいますが作業場所関係なくみんなで悩んで、手伝って、意見を発している姿、

とてもかっこいいです。

2019.11.20

カスタムカー製作!9

11月も終わりにさしかかろうとしている中、来週までに全体の塗装ができないと車検が間に合わないと聞いて、焦りを感じつつ毎日作業をしているボディデザイン研究科です。

 

リアゲートの様子ですが、桐山くん(左)と長谷川くん(右)が遅くまで残ってくれたおかげで、形が見えてきました。

そして、こちらはリアのバンパーですが樹脂を溶かしながら、形になるように成型していますが

溶かした時の匂いが強烈で害もあるのでマスクは必需品です。

室内はパイプでガチガチに固めているため、運転席はこれ以上シートを倒してくつろげません。

まるでロールバーのようですね。

フロントは少し変更を加えながら、完成に近づいています。

ノアの部品を使い、前回紹介したFRPで形を作り300系ハイエースのフロントエンブレムあたりを表現します。

少ない時間を貴重に使っていき、完成させたいです。

2019.11.06

カスタムカー製作!8

10月も終わり、東京オートサロンまで2ヶ月ほどになりました。

進み具合はかなり厳しい状況で、冬休みの短縮も現実的になりそうですがなんとか頑張って作業しています。

この白い綿のようなものは、FRPという船体や浴槽にも使われている合成樹脂でフロントの部品をかたどっているところです。

ガラス繊維が入っているため非常にチクチクして扱い方が大変です。

そしてこちらはリアゲートの様子ですが・・・

実はこの黒いリアゲートパネルは最近購入して、前から製作していたシルバーのパネルに重ね付けする予定です。

引き続き加工されていきます。

車内の天張りを黒く塗装し、ライトのスイッチはマッキーペンで色を塗り

みんなで細かい部品の組み付けをしています。

今月末までには車体に色がはいるように切磋琢磨していきます!

 

2019.10.23

カスタムカー製作!7

先週、先々週とバタバタしていてカスタムカー製作が停滞している現在ですが

最近やっと内装の作業も始まりました。

これは何をしているかというと..

後部座席の下を全て木の板にするために切っていたんです!

このカスタムカーは4ナンバーの2人乗りと決めていたので席があった所をうまく隠すように板でカバーしています。

 

後ろはテールをはめてみて、どういう風か見てから自分たちで鉄板同士を合わせての溶接を頑張っていたり

浅田先生が指示してくれる面もあるので作業がスムーズに進んでいます。

 

ボンネットとリアゲートは現在も製作中・・・

2019.10.04

カスタムカー製作!6

9月が終わり、なんとか骨組が完成したはずです

フロントはライトの位置が確定してから作業が効率良く進み、バンパーとボンネットを製作中

 

この状態を見た一部の人からは、遠目から見れば300系ハイエース?デリカ?アルファード?などの声が上がりました

一方、リアの製作状態はフロントと比べ少し遅れていますが、ライトの位置が決まったので千頭和君が全力で溶接しています!

 

リアゲートはリーダーと桐山君で気持ちをこめて作っています・・

最近、居残りして製作に協力する学生も増え、疲れてぐったりしても頑張ってくれる姿勢に感謝です。

2019.09.25

カスタムカー製作!5

先日、前田オートグラスさんに来ていただきノアのガラスの取り外しをして頂きました。

初めて見る作業に、みんな釘付けでした。

 

リアのテールはハイエースの物を使用することでより300系ハイエースに近づけるようにしています。

位置が重要なので慎重です・・・

フロントもライトの位置を決めていますが、なかなか左右で高さなどが合わず何度も調整を繰り返しています。

9月中に終わるのか…。

2019.09.20

カスタムカー製作!4

9月も終わりに近づき、渡邉先生から骨組の完成は9月まで。と喝が入り急ピッチで作業しているボディデザイン研究科です!

前回紹介したフレーム調整も終わりフロントの骨部はおおかま綺麗になり、ヘッドライトの軸を合わせるため学校に設備されている検査ラインで微調節しています。

後ろの骨組も一生懸命作っています。

そして、ついにカスタムカーのホイールが決まりました!シーカーの18インチ

今の状態で履かせるとこんな感じですが・・・12月にはシーカーが似合う車になっているのでお楽しみに!