静岡工科自動車大学校高等教育修学支援対象校

MENU
SAT'S PRAIDE

2016.07.07

7/4(月)、5(火)の作業風景

こんにちは。今日の担当はボディデザイン研究科の立花です。月曜日、火曜日の二日間の風景を写真で紹介します。 DSCF6045 DSCF6059 この子は結構溶接が上手です。ちなみに女の子です。 今年、ボディデザイン研究科に女性が3人も在籍しています。 DSCF6078 DSCF6093 DSCF6132 DSCF6161 DSCF6157 エンジンを下ろし終わり、両サイドドア、ボンネット、フェンダー、リアゲート、の塗装を削っている最中です。みんな初めてながら、苦戦しつつ、一つ一つ丁寧に作業を進めています。初めてのオートサロン出展にとてもわくわくしています。完成をお楽しみに。

2016.07.04

サニトラのレストアで勝負!

東京オートサロン2017に向けて出展車両の製作が本格的に始まりました。今回の出展車両は「サニートラック(サニトラ)」。ボディデザイン研究科が得意とするレストアで勝負です。

製作の過程をHPでアップしていきます。HP担当はボディデザイン研究科の立花さん。

image

立花さんが作業で忙しい時は入試・広報課の望月と古澤が担当します。

みなさん期待してください!

今日の担当は古澤です。

image image image image imageimage image image

2016.04.01

次のカスタムカーにご期待ください。

2003年から、はじまったカスタムカー製作は今年で14年目を迎え、今まで製作してきた台数は合計14台。
2016年度は、夏より始動。今年の夏から東京オートサロン2017までの道のりをアップしていきます。
今回は歴代のカスタムカーたちを紹介いたします。

kastam
2016年の作品は、〝エストレーラ〟。ベースは日産キューブ。鉄の棒を編んで作ったメッキ・グリル、自作のバンパー・フェンダーの曲線が印象的です。

20151 (1)
2015年の作品は、〝富士SUN〟。世界遺産になった富士山をイメージしたカラーリング、オリジナルのリヤ・サスペンションが特徴的でした。

20141 2014年の作品は、〝Puprican〟。テーマは〝和〟。荷室は畳、そして木。抹茶と和菓子をどうぞ。

20131 2013年の作品は、〝Beatle〟。ベースはHONDAビート。カブトムシをモチーフに製作。マツダRX-8のヘッドライトをテールランプに流用。エンジンフードとボンネットを開くとカブトムシみたい!

20121 2012年の作品は、〝MEMORIAL〟。マツダ・ロードスターを懐かしい初代コルベット風にアレンジ。ガルウィングのドアが印象的。

20111 2011年の作品は、〝VERMILION〟。東京オートサロンSUV部門最優秀賞受賞。ハイラックス・ピックアップをタンドラ風にアレンジ。

20103 2010年の作品は、〝X(クロス)〟。旧車のコロナのボディとクラウンのフレームを合体しました。

20091 2009年の作品は、〝ESPERANZA〟。スムージングしたテールゲートから浮きでるテールランプの赤い光が印象的でした。

20081 2008年の作品は、〝KIZUNA〟。ジムニーのフレームにキャロルのボディを載せ、フロントはすべてオリジナル。

20071 2007年の作品は、〝B-starry⑦〟。バイオディーゼル専用車。燃料は学生食堂で使用し廃棄される廃食用油を学生が精製。バイクを運べるように改造したKOHKAのトランスポーター。

20061 2006年の作品は、”CARRY ON”。軽自動車の3点ダンプカーをカスタム。テーマはレスキュー車。ビルの二階まで上昇する荷台を完備。

20055 2005年の作品は、”PROTO STAR”。ベースはフィット。自作のワイドフェンダーが特徴。本校カスタムカー初の登録車。

20041 2004年の作品は、”COMPASS”。アコードワゴンにインテグラのフロントを移植。ルーフを切断し荷台を製作。荷台カバーにエアブラシで描かれた羅針盤が特徴。

20031 2003年の作品は、”First contact”。本校初のカスタムカー。このクルマから始まった。レビンのトランクをヒノキ?風呂に変更。いー湯だなー。