静岡工科自動車大学校

MENU
SAT'S PRAIDE

モータースポーツへの挑戦

自動車エンジニアには整備技術のほか、運転技術も求められます。1年生の時はレーシングカート、2年生の時には富士スピードウェイでドライビング講習を行います。さらに、学生フォーミュラ、ソーラーカー、エコラン、エコカーカップなどのモータースポーツ活動を通じて、ものづくりの技能や高度な整備技術を磨くとともに、社会人として必要なチームマネジメント能力を身につけます。

全日本学生フォーミュラ大会

この大会に出場するために、学生が自らフォーミュラカーを企画、設計、製作します。
求められるのはスピードだけでなく、コンセプト、設計、コストなどを含めた総合力。試行錯誤と感動の日々を「頂への道」で伝えていきますので、ぜひご注目ください。

学生フォーミュラクラブ(SAT’Sフォーミュラチーム)
開催時期:9月
会場:小笠山総合運動公園エコパ(静岡県袋井市)

Hondaエコマイレッジチャレンジ

1リットルのガソリンでどれだけの距離を走行できるのか。燃費性能を競うレース。今シーズンの活躍にもご期待ください!

エコランクラブ
開催時期:鈴鹿大会5月/もてぎ全国大会10月
会場:鈴鹿/もてぎ

ソーラーカーレース鈴鹿

太陽エネルギーを動力源に走るソーラーカーが全国から集結。
自然エネルギーのマシンで競い合う5時間の耐久レース。

学生&教員選抜チーム
開催時期:7月末〜8月
会場:鈴鹿サーキット

安全運転体験セミナー

トヨタの安全運転講習施設「モビリタ」で、高速ブレーキング、緊急回避のハンドルブレーキ操作、雪道を想定した路上でのブレーキングなど、ABSなどの安全装置の効果と限界を体験します。

自動車システム工学科、自動車整備科の2年生
会場:富士スピードウェイ内「モビリタ」

レーシングカート体験

re1

普段乗り慣れているクルマとは視点もステアリングの重さもまったく異なるカートの世界。
チームに分かれて耐久レースで競い合うのが伝統です。

自動車システム工学科、自動車整備科
会場:白糸スピードランド/スンプマリーナカーティング

エコカーカップ

 

燃費性能を最大限に活かしつつ、タイムアタックや耐久などのレースの要素が盛り込まれたハイブリッドカーレースです。
チェッカーフラッグを受けるまで、SAT’Sプライドを持って走り抜きます。Enjoy60(ラップタイムが4分45秒に設定された安全走行重視の1時間耐久レース)とChallenge180(ラップタイムと周回数、ピット回数に規定が設けられたエコラン・ドライビングやナビゲーションのテクニック、ピットワークなど総合力が要求されるレース)の両方にエントリーします。

ハイメカニック研究科
開催時期:2月/8月
会場:富士スピードウェイ国際レーシングコース